イタリアンロックフェスティバル オフィシャルブートレッグ感想

こんにちは。

腱鞘炎と闘いながら洞爺湖イベントに向け
原稿執筆中。眠くなってきたので気分転換に
先日届いたイタリアンロックフェスティバル
オフィシャルブートレッグの感想を。

・マクソフォーネ
 前奏の厳かなイタリア歌曲で既に興奮が止まらず。
ホルンとか管楽器がソフト音源なのがちょっと
安っぽく聞こえるけど、逆に今のマクソフォーネの
音を真摯に演奏してくれてる印象。早く新譜が
出ないものか。

・ムゼオローゼンバッハ
 オフィシャルブートということで客先の歓声は
抑えめに調整されていると思うのですが、それでも
一番歓声が大きかったのはムゼオローゼンバッハ。
1枚目が大興奮のツゥラトゥストラ組曲、2枚目が
新譜とバルバリカのセットリストが並び復習に最適。

・ロヴェッシュ・デッラ・メダーリャ
 話題のオーケストラとの競演による「汚染された世界」
再現ライブとMicrostoriesの演奏曲を収録。会場では
押され気味に聞こえた弦楽器の音色がバランスよく調和し
かなり良い具合に仕上がってます。あと、新しい曲も
個人的にはハードロック重視で非常にオススメ。

・フォルムラ・トレ
 本フェス一番の演奏時間だったフォルムラ・トレ。
ディスク1、2合計でホントに2時間近く演奏しており、
ほとんどベスト盤の様相です。終盤になるに従い
どんどんノリノリになるラディウスのギターが絶品。
あと、最終曲の名前がようやく分かったので、あとで
ライブレポート修正しておきます。

・全般の感想
 MCまで含めて完全収録されており、演奏の内容的にも
かなり満足できるライブ盤です。CDのみで解説等は特に
無しですが、それでも聴く価値はあると思います。

 今後も公式で質の高いブートとか出れば、会場内での
盗録とか少なくなると思います。
(ライブ二日目に盗録者が見つかり退場させた旨を、
三日目開演前にクラブチッタ支配人さんから場内説明がありました。
アレアのブート販売中止になったのもその影響・・・?)。

せんせいしょん「Japonism Vol.1」

 こんばんは。

 せんせいしょんの新アルバムが発売されていたので告知を。

・Discography Japonesia Vol.1
 http://homepage3.nifty.com/sensation52/discography.html

 公式サイトで視聴もできます。
 ダウンロード専売ということでCD派な自分は少し残念ですが、amazonで買ったら
5曲で300円とか激安(本当は1枚分500円でしたが、少し割引されてました)。
これがダウンロード品のメリットなんだろうな…。

 内容は、前作に比べるとロック色が強くなった印象があります。
それでもメロディーにベースにと要所を抑えたシンセサイザーの
使い方は非常に心地よく、現代音楽と和楽器が渾然一体となった
サウンドは待ち望んだせんせいしょんの音楽に間違いありません。
2曲目の「風神」とか、和楽器主体でこんな重厚な音が出せるのかと
驚かされる名曲です。
 前作の「みみずく」のようなテクノポップ全開曲が
なくて残念ですが、まだVol.1ということで今後も期待しています。
缶ジュース3本我慢してでも聴いて頂きたい作品です。

 …勝手に話を進めてきましたが、そもそも「せんせいしょん」とは
どんなバンドなのか、ご存じない方も多いと思いますので紹介を。

 せんせいしょんは、2004年に亡くなられたインストゥルメントバンド・姫神の
星吉昭氏を偲び、音楽で追悼するために再結成したバンドです。
 もともと、姫神は1980年に結成された姫神せんせいしょんが元になっており、
姫神せんせいしょん解散後に星氏のソロユニットとして姫神が活動開始しました。
 姫神と言うと「神々の詩」の荘厳かつダイナミックな印象が
強いと思うのですが、初期の姫神せんせいしょん時代はラウンジ感と
オリエンタル色が強いアナログテクノといった曲が印象的です。
ポップ色の強い街道モノといえばいいのでしょうか。そのまんまな
タイトルの「奥の細道」というアルバムがあります。
 そして、そこに収録されてる「Gun-Do」という曲の出来が
あんまりにもすばらしく、YMOのテクノポリスを5割増胡散臭くした
テクノポップという、腰が砕けるメロディが強烈な作品です。
ちなみに、Gun-Doの由来は岩手県の岩洞湖(冬のワカサギ釣りで有名)らしいです。
実際に聞けば分かる。

・Gun-Doが使われてたパソコンサンデーのOP動画
http://jp.youtube.com/watch?v=7c7s8EjciNw

 他の楽曲は正直イージーリスニングなので、姫神せんせいしょん≒Gun-Do
という変な固定観念が出来上がってしまったのですが、さて再結成した
せんせいしょんのアルバム「桃源郷」がどんな出来だったといいますと…
ホント、10年に一度出るかでないかというぐらいの傑作。これは本当に
衝撃でした。

 姫神のような大地礼賛、自然信仰のテーマを損なわなず、加えてジャズや
現代音楽のアプローチで作られた楽曲の他、王道テクノポップな曲も収録されており、
楽曲バラエティはかなり豊富です。
 特にGun-Doを彷彿とさせる「みみずく」、最もせんせいしょんらしいオリジナル色
溢れた「夏祭り」はホントに名曲。

・せんせいしょん「夏まつり」. ライブ
http://www.youtube.com/watch?v=fCpw-UHsgNU

 ライブもいいけど、スタジオ版もかなりオススメ。

 個人的に好きなのは、このCDを再生しながら岩手の道をドライブすること。
山々の原風景も相まって部屋よりよく聴こえます(笑)。岩手に旅行される際は
是非お供にどうぞ。

桃源郷桃源郷
(2008/01/23)
せんせいしょん

商品詳細を見る




FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking