三陸鉄道情報110402

 こんばんは。 

 東日本大震災:三陸鉄道、存続の危機…復旧費用100億円
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110402k0000e040015000c.html

 気になるニュースなので、全文引用して紹介します。以下、引用。

三陸のリアス式海岸沿いを走り、「さんてつ」の愛称で親しまれている
第三セクターの「三陸鉄道」(盛岡市)が存続の危機に立たされている。
東日本大震災で高架橋が崩落するなど、復旧費用は100億円かかるとの見方もある。
会社単独の復旧は困難で、資金のめどがついても全面再開まで1年以上かかるという。
 ◇「地域の足なのに」

 三陸鉄道は県や沿線自治体などが出資して81年設立。北リアス線(久慈-宮古駅間71キロ)や
南リアス線(釜石-盛駅間36キロ)を運行する。09年度は利用客約89万人。
県などから1億円以上の経営損失補助金を受け、実質赤字状態だった。

 震災で、南リアス線は釜石市の唐丹(とうに)-吉浜駅間の高架橋が落下、
釜石-平田駅間の大渡川鉄橋は橋脚にひびが入り、線路が寸断された。北リアス線も
島越駅など駅舎が壊滅。同線は一部区間で運行を始めたが、南リアス線は損壊が大きく
復旧のめどが立っていない。

 唐丹駅から月2回、釜石市内の病院に通う男性(85)は「電車がないと往復で
数千円タクシー代がかかり、通院できない」。家族が同駅を利用する男性(52)は
「復旧費が巨額なら廃線も仕方ないが、代替バスなど地域の足は残してほしい」と話す。

 現行の鉄道施設災害復旧費補助制度では、復旧工事費のうち国と地元自治体が
各25%、鉄道事業者が50%を負担する。三セクは地元自治体が事業者分の負担も
迫られるため、岩手県の担当者は「工事費に100億円かかるとの試算もある。
国のさらなる支援なしに復旧は不可能」と頭を抱える。

 国土交通省の担当者も「今回の地震は通常の災害と異なり、被災自治体の負担は
計り知れない。鉄道の復旧について国の補助率を拡大したり、違う枠組みによる支援も
検討したい」と話している。【稲垣淳、阿部弘賢】
~引用終り


 難しいのは分かっていたけど、ここまでとは…。
 
「本当に大切なものは、決してカネでは変えない。
 留めておくこともできない。いつも去りゆく危険を孕んでいる。
 だからこそ、それはかけがいないものなのだ」

 故・綾守竜樹先生の遺した傑作「座敷童の掟」より。本編読まないと単純な
奇麗事並べたようにしか感じられない文章ですが、今回の震災で改めて
考えさせられました。

 今、自分にできるせめてもの応援ということで、イラストを描いてみました。

zutto

 鉄道むすめより三陸鉄道運転士・久慈ありすと、奇跡的に津波に飲まれなかった田野畑駅。
 背景の田野畑駅の様子は、以前紹介したサイトの写真を模写させて頂きました。
 ・田野畑村ブログ
  http://blog.tanohata.com/article/44030707.html
 まだ、正面からイラストを描く自信がありません・・・。被災地が必ず復興すると信じて。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking