鏡星/銀霊譜(通販サイトで買える同人プログレ 第6回目)

 こんにちは。

 過去2回にわたって紹介した月読レコード関連レビューの一区切りとして、
今日は鏡星の銀霊譜を紹介します。

鏡星/銀霊譜

 民族音楽・伝統音楽とロックの融合は、本流のプログレッシブロックでも
さかんに行われている手法です。
 代表のバンドを挙げるなら、イギリスのサードイアーや、イタリアのアレア、
であろうか。エマーソン・レイク&パウエルの名曲「Touch and go」のイントロで
鳴る力強いリフも有名なトラッド(Lovely Joan)のメロディそのまんまだったり、
プログレ及びロックと民族音楽の関連は意外に強かったりします。
 もし日本でそのような同人プログレ曲があるかと聴かれるなら、この銀霊譜を
一番に推薦します。

 本アルバムは月読レコードを主催する翡翠氏の別プロジェクトです。
 翡翠氏の得意とする和製プログレッシブロックの音色に、
アイヌ文化や雅楽敵な伝統古楽のアプローチを濃く反映させたことで、
従来の月読レコード作品から更なる深化を見せています。

 収録曲は40分を超えるの組曲1曲のみ。余計な要素を一切省いた
構成は、普通のプログレ盤でも極めて珍しいと思います。



 このアルバムの魅力を上げるときりがないですが、あえて挙げるなら
その叙情豊かな展開に尽きる。静謐な空間に紡がれる神楽笛や和楽器の旋律が
美しい導入部から、大地の眠りを一斉に覚ます朝日がごとく鳴り響く
力強い荘厳な賛歌の主旋律。

 再び静寂に戻り謡われるのは、二人の女声歌唱による祝詞のような
澄んだ歌声。不穏を暗示させるようなもの悲しいピアノの音色と、
清く神秘的な和楽器の響きに、禍々しさすら感じる重厚なオルガン・ロックが
轟く演奏と、次々に展開する組曲は全く飽きを感じさせません。

 そして、再び繰り返される主旋律の美しさ…。時間の流れすら忘れさせて
しまうような構成は、本当に隙がありません。日本の民族音楽と
プログレッシブロックを融合させた希有な成功例として、歴史に残したい
一枚だと本気で思います。




 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking