枝葉からのプログレ入門 その1 東方Project編

 先日、「ロック大事典 プログレッシブロック編」なる
CDを購入しました。
 収録アーティストはピンク・フロイド、ELP、イエス、
キングクリムゾン、等々、何故かジェネシスは入って
いないですが、プログレ初心者の方なら、代表的なバンドを
聴くにはちょうどいい構成かもしれません。

 プログレ入門のためのバンドといえば、基本的に上記の
5大バンドの名前が挙げられます。
 まずそこでプログレの方向性を聞き比べ、そこから
似ているバンドや周囲・辺境のバンドに嗜好の幅を広げていく
というのが、一般的なプログレ入門の方法と思われます。

 しかし、そんな回りくどいことをいちいち新規のリスナーに
押しつけていいのでしょうか。5大バンドのアルバムだけで
関連アルバムの枚数は計50枚オーバー確実です。
 現在は動画サイトもあるので音に触れること自体は容易と
思われますが、やぱりこの枚数は辟易すること必至です
(ちなみに、自分の場合は5大バンドのアルバム一通り聞くのに
大体10年かかりました。当時はAmazonやyoutubeも無い時代)。

 服だってセレクトショップで好みに合わせたコーディネートを
してもらえるのだから、プログレだって聴く人の嗜好に合わせた
音楽を紹介するのが正しいのではないでしょうか。

 大体、プログレ知らない人に”5大バンドがスゴい”とか
いくら言っても全然関係ないわけで。音楽聴かない人も多い昨今、
未だにそういう風潮があるのはロック40年の歴史に胡座をかいた
送り手側の怠慢と言えなくもありません。

 ということで、音楽に限らず特定のジャンルや作品を挙げて、
その世界観や雰囲気にあった作品を紹介して、コレが好きなら
このアルバムがオススメ!というものを紹介していこうと思います。

・東方Projectシリーズ
 最近、同人プログレを探している関係で研究中の
東方Projectについて、それっぽいプログレ盤が無いか探してみました。
それなりに音楽聴いてる人たちも多そうな分野だし。

 東方曲の場合は二次創作アレンジ曲が有名になりすぎて
原曲を知らないという場合も多いのですが(例:ナイト・オブ・ナイツ、等)、
ここは原曲のみの観点で調べてみました。

東方の原曲の特徴といえば
 ・インスト(当たり前)
 ・ピアノ、もしくは和楽器の音色が主旋律の曲が多い
 ・マイナーコードを多用した音楽
 ・ドラムやリズム隊は打ち込み(=インプロはほぼ無し)
 ・ロック系の音楽は少なめ。トラッドというか民謡・民謡というか、
  郷愁をさそう叙情的なメロディが多い。
 
 コード云々は正直よくわかりません。
 打ち込み系のため音の薄さは否めないですが、シンプル故に
メロディが際立ち、弾幕ゲームの緊張感も相まって印象に残る
楽曲が多いです。

 上記の特徴からオススメする作品は以下の通り。 

・Clearlight /Forever Blowing Bubbles
CLEARLIGHT Forever Blowing Bubbles 02 Without Words360p H 2


 フランスのバンド。曲調がなんとなく萃夢想の
タイトル曲っぽいから選びました。
 ピアノが主旋律で、ロックともジャズともサイケともとれる
茫洋としたメロディが粛々と演奏される展開は、まるで
朝霧に包まれた湖畔の静けさを夢想させるようで、
つい時間の流れを忘れさせてしまう、不思議な魅力があります。
フランスのプログレバンドというとマグマやゴングが
有名ですが、両バンドとも結構個性的なので、このアルバムは
フレンチプログレ入門にもオススメです。



・Anyones Daugheter/Piktors Verwandlungen

 東方の原曲は既に300曲を越えているのですが、
それだけあればプログレっぽい原曲もあるに違い無いと思い、
いろいろ聞き比べた結果がこの楽曲。

 

 東方風神録より、八坂神奈子のテーマ曲「神さびた古戦場」。
ヘヴィで荘厳なイントロに、どこか懐かしさを感じる大仰な曲展開、
意外にポップなメロディは、まさにボス戦に相応しい神々の余興といった
趣きです。

 該当するバンドで選んだのは、ドイツのエニワンズ・ドーター。
メロディアスなシンフォニック・バンドとしてドイツを代表する
バンドです。

 音色的にも80年代風のシンセが使われていたり、抜けるような
明るいギターや流麗なキーボードワークが堪能できます。
 個人的には大傑作の「In Blau」を薦めたいのですが、以前ブログ
でも紹介したので今回は「Piktors Verwandlungen」を紹介。

Anyone's Daughter Piktors Verwandlungen (Part 1/4)


 ヘルマン・ヘッセの詩をテーマにした40分超の組曲で、
ドイツ語の訥々とした語りと一級品の演奏が楽しめます。
 演奏終了後の拍手で、実はライブ一発録りと気付くというのが
信じられない驚愕の内容。



・Jade Warrior/Last Autumn's Dream
 東洋・西洋が渾然一体となった東方シリーズの世界観にマッチする
音楽が無いか探してみた結果、どうしても押さえたい音楽がこちら。
 イギリスのジュード・ウォリアー。サムライの意味らしいですが、
直訳すると翡翠の戦士、または柔道の戦士という意味もあるらしい。
個人的に柔道の戦士が一番カッコイイ。

Jade Warrior - A Winter's Tale (1972) HQ


 元祖ワールドミュージックとして知る人ぞ知るバンドで、
ジャケットから漂う怪しいジャポニズム満載感がたまりません。
 その音楽もかなり異様で、ボーカルベースにパーカッションと管楽器、
ギターの3人バンドですが、湿り気のある正統派ブリティッシュ・ロックを
基調とした無国籍風音楽は、プログレどころかロックすら超越した次元を感じます。
俗世を離れた桃源郷から流れてくるようなメロディは、5大バンドを聴いてたら
永遠にたどり着かないであろう悟りの境地を想像せずにいられません。

 紹介するアルバムは3枚目の「Last Autumn's Dream」。
ブリティッシュ・ロック好きには1st、コレクターには特殊変形ジャケットの
2ndが有名ですが、メロディアスで聴きやすい3rdが初心者にはオススメ。
ジャケットの怪しさも飛び抜けてて大好き。
 1曲目の「Last Autumn's Dream」を聴いてると、冬の暖炉に当たっているような
温かさ包まれ、もうそれだけで幸せ。清濁の一切合切包み込み許容する
幻想郷の世界観にピッタリではないでしょうか。



 ということで東方Projectっぽいプログレ紹介でした。
東方自体まだまだ勉強中なので、調べればまだまだ出てきそう。
東方プログレ本と併せて紹介を続けていきたいです。

とりあえずこのへんで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking