とまこまいコスプレフェスタを考えてみる(長文注意)

 こんばんは。

 長文になってしまったので、最初に概要書いておきます。

 2014年2月22日、23日に開催される
とまこまいコスプレフェスタについて、生活圏が
苫小牧地方の筆者がメリット及び懸念を書いてみました。

メリット
 ・交通の便が良い
 ・宿が多い
 ・珍しい撮影場所を開放した興味深いイベント

懸念
 ・人が来るのか?
 ・2月末の寒さでコスプレとかできるのか?
 ・コスプレ趣味の人の受け皿になるお店とかあるのか?
 ・会場広すぎて運営側でカバーできるのか?
 ・怪しいイベントではないのか?

結論:
 一部の人達のイベントではなく、周囲も積極的に
参加して、楽しみながらイベントを作り上げていくべき。
その方が不正監視や次回の改善につながる。

 改めて、ごく当たり前の事しか書いてない…。
詳しい理由は下記に記しています。コメント等
頂ければ幸いです。



 最近気になっている話題がこちら。

・とまこまいコスプレフェスタ
http://tomakomai-cos-fes.com/
2014年2月22日(土)、2月23日(日)

~以下、公式HPから引用~

苫小牧市が世界的にも大注目のコスプレイヤーを応援!
市に点在する観光・産業施設をコスプレ撮影に開放イベント以外では
撮影できないスポットがたくさん!
スポットを廻ると苫小牧の魅力が体感できちゃいます。
苫小牧を背景に自分史上最高の作品を完成させてください!
カラオケ大会、アニソンダンパ、アイドルカフェ、日胆地区の
魅力を発信するイベントも同時開催。
コスプレイヤー以外の市民も参加できる会場あります!
是非2日間たっぷり楽しんでください!


~引用終わり~

 最初聴いたときに思ったのは”何故に苫小牧で?”という素直な感想。
 生活圏が苫小牧地方でほぼ地元民な自分にとっても、苫小牧とコスプレという物の
結びつきが分からない。

 北海道のコスプレイベントだと洞爺湖マンガアニメフェスタ(以下、TMAF)が
有名ですが、「もしや洞爺湖がダメになったから苫小牧で…?」と思ったら、
そちらのイベントも普通に行う様子だし、何が何だか分からない。

 いろいろ考えましたが、もう実行する段階で結構な規模の話になっている
模様なので、これでもオタの端くれなんだから地元のイベントぐらい肯定的に
考えてみよう!と今回のイベントと苫小牧のメリットを考えてみました。
せっかくやるならできるだけ多くの人に関心を持ってもらったほうが良いし。
政治もそうだけど、全員で考えた方が絶対良い物が作れるはずだし。

メリットその1 交通機関
 隣の室蘭の方が知名度高そうな苫小牧ですが、立地的には
地味に良い場所だったりします。

 例えば札幌までの時間は特急電車で約45分。高速バスは約90分ですが、
30分おきに一便なので車で行くより便利。道内の主要駅からなら乗り継ぎで
比較的スムーズに訪れることができると思います。

 遠方から来るには、なんといっても新千歳空港。新千歳空港から
町の中心まで車で約20~30分と、驚く程近いです。
 電車好きなら急行はまなす、(ないと思いますが)北斗星などの手段も。
 極めつけはフェリー。八戸からの航路や、ガルパンで有名になった大洗経由の
航路もあります。外から来る手段は地味に陸・空・海揃ってるという…。

 問題なのは市内の移動ですが、やはり広大な土地の北海道故に
自家用車移動が基本となります。撮影スポットへの移動はイベント専用の
巡回バスが出るそうなので、そちらでなんとかなると思います
(若干、希望的観測)。イオン周囲以外は道路も渋滞しないので、
車の交通も割とスムーズです。

メリット2 宿泊場所

 苫小牧駅前周辺は、割と大きめなホテルが多く存在します。
製紙工場や製油所など、工業都市としてそれなりの規模である
苫小牧市は、ビジネス・工事関係者をメインとした宿泊施設も多いです。

 前述したTMAFの場合、イベント期間中はどの宿も満室状態で
泣く泣く車中泊状態でしたが、受け皿に余裕がある苫小牧は
旅行者を受け入れやすい大きなメリットがあると思います。

 公式HPで紹介されてるJIBのツアーパックはほぼ品切れ状態でしたが、
楽天トラベル等で調べても当日はまだ余裕があるので、余程のことが
ない限り宿泊には困らなそうです。

メリット3 イベント内容

 公式HPを見る限り、今回のイベントはコスプレ撮影会がメイン。
実際にHPの写真を観てもらったほうが早いですが、ホテルから学校、
神社や牧場に、果ては宇宙船からフェリー船内までコスプレ撮影できるという
イベントは、他に聞いたことがありません。正直、地元の人間も普段行かない
コアなスポットばかりなので、こんな使い方があるとは思ってもいませんでした。
撮影スポット廻ってれば、よっぽど地元観光になります。

 度々の比較で恐縮ですが、TMAFの場合、どうしても会場中心に人が
固まってしまい、周囲の撮影スポットがあまり使われていない印象がありました。
これだけ広ければ、選択の楽しみもあります。
 純粋にコスプレ撮影したい人には自慢できるラインナップばかりだし、
イラストとか描いてる人にも普段なかなか観れない場所なので、資料写真とか
いっぱい撮れる良い機会になるのではないでしょうか。

 
 ということで思いつくままメリットをあげてみましたが、なんでも肯定する
わけにはいかないと思うので、懸念・心配事も書いておきます。

1.そもそも人が来るのか?

 苫小牧市内のコスプレ人口は正直わかりませんが、TMAFへの参加者傾向をみると、
道内のコスプレ人口は相当数いると思われます。
 オフ会感覚で集まればかなり人が集まると思うのですが、気になるのは
この約2週間前に開催されている札幌雪まつり。初音ミク目当てで道内に来る
ボカロ好きの人たちも多そうですが、その人たちを含め同じ月に北海道へ
二度来る人がいるのか微妙なところ。

2.2月末の真冬でコスプレとかできるのか?

 ネット調べによると、苫小牧の2月の気温は-3.8℃。艦これの島風みたいな
薄着で外の撮影とかしたら自殺行為です。
 とはいえ、雪景色で撮影できるというのも大きな強み。実は苫小牧
は雪が少なく(今年は特に少ない)、天候次第ではいい写真が
撮れると思うので、防寒対策をきちっとしてもらうしかないかも。 

3.コスプレ(アニメ・漫画等)趣味の人たちの受け皿的な店があるのか?

 せっかく旅行に来たなら、地元のオタ的な店に行ってみたいと思うのが
オタクの性。しかし、あんまりそういうお店は苫小牧にありません。
新千歳空港のアニメイトの方が充実してるレベル。強いて言うなら
駅前のキャッツアイか、道内に唯一あるワンダーグーぐらいか…。
もう少し探してみます。

4.会場範囲が広すぎてカバーできるのか?

 公式サイトの地図見てもらえばわかりますが、苫小牧駅から一番遠い
ノーザンホースパークまで相当離れています。距離にして約55km。
いくらバスが出てても、知らない土地ではさすがに怖い距離です。
他の撮影場所もほぼ同時並行で開放しているわけで、どのような監視を
行っているのか気になります。苫小牧市警察も協力と書いてるので、
変なことはないと思いますが、前例がない規模なので心配です
(即売会とかスケジュールとか、現在調整中にしろ情報が少なすぎ)。
 
5.怪しくないイベントなのか? 

 一番気になるのがこの問題。正直、某まんが王国のことを思い出さずには
いられませんでした
(詳細は”まんが王国 問題点まとめwiki”で検索してみて下さい)。
 コスプレなどサブカル系のイベントで町おこしをするというのは全国各地で
行われていますが、世間一般では通じにくい分野で関心なのをいいことに、
仲間内でやりたい放題している悪い人たちもいるという現実があります。
 とまこまいコスプレフェスタのスタッフさんとは面識は無いのですが、
知り合いの飲食店関係の方から情報を聞いた限り、変な組織では無い模様です。
市も協賛しているぐらいだから、問題はないと思うのですが。

 いろいろ心配事を上げましたが、やはり最後は自分達自身で
確認するしかないと思います。地元のイベントを他人事で済ますというのは、
なかなか寂しいものがあるし。百聞は一見にしかずです。
 非オタの方でも積極的に参加することで不正の監視にも繋がるし、
不良点があっても改善して継続していければ、地域の大きな強みになると思います。

 正直どんなイベントになるか想像もつきませんが、今後の情報にも注視して
いきたいと思います。
 ちなみに、私は開催日のタイミングで思いっきり本州へ出張中です…(泣)。
参加される方は楽しんで下さい。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking