アルティ・エ・メスティエリ ザ・ベスト・オブ・イタリアンロック2日目

 こんばんは。

 時間空きましたが、ザ・ベスト・オブ・イタリアンロック
無事終了しました。中止になったイタリアンロックヒストリーの
溜飲を下げる、素晴らしい内容のライブだったと思います。
 
 1日目のオザンナに続き、2日目のアルティ・エ・メスティエリの
ライブも観に行きました。ティルトが有名すぎて、ずっとバンド名を
ティルトだと思ってたぐらいチェックしてなかったのですが、
せっかくの機会だからときっちり予習しながら参戦。

 ライブは冒頭からティルトの全曲演奏。電撃が奔るようなイントロから
畳み掛ける地中海風な音色がたまりません。そして注目は、何と言っても
ドラムのフリオ・キリコ。その手数の多さから腕が3本あるのではと
当時噂されたという、イタリアンプログレ屈指のドラマー。CD聴いても
よく分からなかったのですが、実際の演奏観ても何がどうなってるのか
さっぱりわからないのは凄かったです。あと、物販に並んでた、
日本のファンのために持ってきたという私物(10万円)も凄かった。
最終的に5万円でファンの方に貰われていって一安心。

 ライブに話を戻して、続いて発売されたばかりの新譜からフル演奏。
ライブの当日に聴いてきたのですが、これが本当に名曲ばかり。
テクニックで押し通すのではなく、あくまで丁寧で職人気質な仕上がりは
イタリアンロックならでは。ゲストとしてメル・コリンズも参戦して
演奏すると、会場大盛り上がり。イタリア語版でスターレスも演奏しました。

 関連作の楽曲を演奏して、最後は明日へのワルツを怒涛のフル演奏。
あらためて聴くと一曲ごとの完成度の高さは素晴らしいですが、やっぱり
アルバムの構成としてはバラバラな感じが目立つと思った反面、どの楽曲も
全身全霊で演奏するメンバーの職人魂が炸裂しており、結論的に
非常にカッコよかったです。Tシャツも買ってしまった・・・。

 あと、ボーカルの人が出てくる度に着替えてたり紙ヒコーキ飛ばしたり
いろいろやってたのですが、全体的にスベってたのが印象的でした。
アンコール前に披露してたホーミーで、アレアのデメトリオ・ストラトスの
そっくりさんがアルティ・エ・メスティエリにいる云々のプログレ記事を
思い出したり。

 ということで概ね大満足だったイタロベストですが、次回は誰が来るのやら。
個人的にはニュートロルス来日で見知らぬ桃源郷の探索フル演奏とかやってくれたら
5万払っても観に行きたいところですが。単独アーティスト限定だと知名度とかで
ある程度限られそうなので、当初と同じく期待しないで待ちつつライブで
熱狂したいと思います。

とりあえずこのへんで。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking