デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使

 こんばんは。蕪木統文先生の記事書いたら
コメントが返ってきて嬉しい限り。昔は
ファンサイトとかあったんですけどね…。
数少ない蕪木統文先生応援ブログとして
頑張りたいと思います。
 ということで今日紹介するのはこの1冊。

・デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使

 大正20年という架空の次元軸にある帝都・東京を舞台に
デビルサマナー・葛葉ライドウの活躍を描いた冒険小説。
 原作人気もあってか、蕪木先生の小説では最も知名度が高い作品と
言っても過言ではなく、一時は品薄のためネット上で4000円超の
プレミアが付いてたり…。

 自分は大正浪漫という響きに無茶苦茶弱い人間でして、それに加えて
キ印と暴走小説書かせたら右に出る者のいない蕪木先生が執筆という、
まさに夢の競演状態な作品。原作を遊んだことは無いのですが、それでも
全く問題ない面白さでした。

 ネットの書評では喋っているライドウが珍しいというファンの方の
意見が多かったですが、個人的には凝りまくった時代考察だけでも
十分読む価値があると思ったり。ハロルド・ロイドに例えた転び方の
表現とか、”何が彼女をさうさせたか”とか(同名の和製サイレント映画が
昭和5年に公開されている)、当時のサブカルネタもさりげなく且つ相当入っており、
さすが蕪木先生といった作り込みに唸らされます。

 あと”ラストシーンが短い”というコメントもありますが、蕪木先生の
作品では珍しくないことなので(苦笑)、個人的にはそんなに気にならない
レベルでした。もっと残念というか、悔しい終わり方をする作品もあるので。
戦闘描写やキレた人間の描写などはいつもと同じ高水準なので、十分に
楽しめる1冊だと思います。

デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使 (ファミ通文庫)デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使 (ファミ通文庫)
(2006/10/30)
蕪木 統文

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking