FC2ブログ

2018年10月7・8日 十勝リベンジ遠征&十勝コスプレ解放区2018参加レポ

 こんにちは。
 10月7・8日の十勝コスプレ解放区2018参加してきました。
参加された皆様お疲れ様でした。台風25号の影響で残念ながら
初日のコスイベが中止となりましたが、その分十勝観光も出来て
非常に愉しい二日間でした。是非またイベントの際は訪れたいと
思います。忘れないうちにレポートを。


http://rockspring.blog115.fc2.com/blog-entry-505.html
序章
 そもそも参加のきっかけは今年の3月でして、北海道から引っ越し前の
最後の思い出づくりということで、十勝旅行に強行軍に行きました。
詳しくは過去ブログ参照のこと。

http://rockspring.blog115.fc2.com/blog-entry-505.html

 その際にお世話になった、帯広でサブカル系イベントサークルを主催する
りゅかさんから、TMAFで挨拶に伺った際に帯広イベントも誘われまして、
だったら行ってやろうかと岩手から更に強行軍で参加を決定した次第。
我ながらアホというか、今年入って岩手から何回北海道に行ってるんだろう…。
 それと、十勝19市町村擬人化という企画も行っていたので、せっかくだからと
そちらも申し込んでみました。プログレ紹介とコスイベ参加で自分が
何の人だか自分自身分かってないけど、メインは絵描きです(のはず…)。

 開催前日、台風の影響で初日のコスプレイベント中止が発表されたのは
結構衝撃でしたが、それだったらと予定変更して初日は十勝観光を満喫
することにしました。

1日目(10月7日)
 フェリーで北海道入りしましたが、半端なく揺れる船内…。そりゃ
台風と一緒に北上してたら当たり前だと思うけど、無理やり寝ながら
なんとか道内入り。
 そのまま帯広まで車で移動。道央道は果てしなく遠いですが、
3月に一回行ってる分だけ経験値は積んでたようで、意外とすんなり
進むことができました。

 当日の天候は残念ながら雨。大粒ではないけど、小粒の霧雨が結構
降ってくる感じで、午前中は屋外が厳しいと判断して魚水道へ移動
しました。

 通称ととろーどですが、産卵のために遡上する鮭の様子を実際に
見れるという施設。川に上がった鮭は最終的に回収され孵化場に送られる
そうですが、川からそこまでの導線にガラス窓を設け、鮭が泳ぐ様子を
断面で見れるとのこと。水路の下に人が入れるスペースもあり、下から魚が
泳ぐ様子を見れる水族館的なことを日本で一番始めにやった施設という情報も…。




 3月来訪時はシーズンオフで閉館してたのですが、念願かなって初潜入。
地階に降りる階段の扉を開くと、噂通りの巨大な水路断面と、そこを
流れる鮭の群れ!たまたま遡上最盛期のシーズンだったらしく、
次から次に鮭がステップ状の水路をジャンプして飛び越えていく
姿は迫力があります。自然の荒波に揉まれ傷つきながら、激しい濁流に
抗い必死に泳ぐ姿は驚異的。施設には家族連れも結構訪れていて、
観覧してた皆さん鮭の様子に驚いていました。
 職員さんに教えてもらって、上流側の鮭回収場所も行ってみる。
川の上流と繋がる水路に柵が設けられていて、そこを通ろうと鮭の群が固まり、
時折水面からほぼ垂直跳びに突き出る鮭の姿は勇壮の一言。生簀の魚には無い
荒々しさです。

 お昼近くでお腹も空いてきたので、ととろーどを後に町へ
戻ろうとしたところ、標識で一時停止した眼の前の田んぼ脇に
まさかの鶴(4羽)。もちろん天然ものですが、あまりに唐突すぎる
邂逅に「えっ…」とドグラ・マグラの主人公のような驚嘆台詞しか
出てこず、たまたま鮭撮影で望遠レンズを装着してたのをいいことに
鶴を撮りまくり。普通に田畑に降りて地面をついばんでるんですが、
これが十勝の日常風景なのだろうか…。




 羽開いてるのは少し近づきすぎた時。威嚇されたようで
申し訳ない…。徐々にたんぼの奥へ離れていったので、じぶんも
若干呆然としながら町へ再移動。大自然の驚異というか
ホントにこんなことあるのか。

 途中でインデアンカレーの本場インデアンの店舗があったのですが、
鶴を撮りすぎて出遅れたためか既に駐車場一杯な様子。待ち時間も
勿体無いので、文化祭が開かれているという帯広畜産大学へ。
 映画「銀の匙」のロケ地にもなったという場所らしく、広い構内と
立派な学舎は結構壮観。コスイベも中止じゃなかったら
盛り上がってただろうなあ…。




 校舎前の広場に露店が出ていたのですが、学内で育てた野菜や食材、
地元の素材を使った豚汁、ボルシチ、シチュー、チーズガレットなど
十勝ならではのメニューがたくさん。腹も普通に空いていたので、
全店制覇の勢いで食べまくりました。文化祭の露店なので、
そこまで価格が高くないのも財布に優しい感じ。行列で諦めた
チーズと羊の丸焼き以外は大体食べた気がします。
 あと、売り切れ必死の畜産バーガーも食べたのですが、ホント絶品。
昔のモスバーガーみたいというか、チーズのトロけ具合と芳醇な香り、
そして肉の旨味がムチムチとしたパティのボリュームも最高でした。
 ちなみに学内の様子は、各文化部の展示やライブ演奏、子供向けの
図工教室なんかもあった様子でした。カバやキリンの骨の展示とかは
面白かった。

 腹も膨れたことで、今度は中札内へ移動。なんでも、中札内
フェーリンドルフという休暇村施設で少し早めのハロウィンイベントを
開催中で、コスプレもOKとのこと。初日のコスイベ休止で衣装を
閉まっておくのも勿体なかったので、中札内コスプレ参加実績
解除だコノヤロー!と遡上する鮭の勢いで現地に向かう。
 
 高速と一般道の区別がつかない果てしない直線な道路を抜けて、
たどり着いた中札内フェーリンドルフ。林の中に洋風な建物と
ロッジ風テラスなバーベキュー施設、そしてハロウィン風の
飾り付けがされたステージと客席が見え、レイヤーさんも居るから
おそらく場所は間違えてないと思いつつも、受付の場所がわからず
右往左往。会場では参加者ドローン記念撮影や、ハロウィンらしく
仮装コンテストの表彰を行っていました。
 ようやく反対側に受付テントを見つけ、仮設テントの男子更衣室
で着替えを開始。この日は東方の咲夜さんでしたが、前回着たのが
半年以上前(たしか札幌の紅桜公園イベント)で、着方をすっかり忘れ
時間ロス&化粧で服汚すという凡ミス。外ではステージイベントの
愉しい音が流れてきて、焦りと一人参加のアウェイ感に心が
折れますが、反省するのは終わってからだと無理やり着替えて
イベント参加。




 すっかりステージイベントは終わって寂しい場内でしたが、
とりあえず記録は残そうとハロウィンらしい飾り付けの
前で写真撮ってみる。頭の角は受付時にもらった仮装グッズ。
コスしない人でも楽しめるイベント要素は大事です。

 今日は予行練習だったと割り切り、1時間ぐらいでコス撤収&
町へ戻る。今度は自分が参加してたイラスト展の様子を観るため、
駅近くの藤丸デパートに行ってみる。




 会場は7階展示場で、なにか空きテナント的なスペースに展示
されてるかと思ったら、エスカレーター脇にある通路スペースに
パネル展示されていました。一瞬わかりにくかったけど、人通り
がある場所には間違いないのか、一般の方も結構見に来ていたのが
印象的でした。自分の絵も飾られてて一安心。ちなみに、
オリジナルで男性キャラ描いたのは10年以上ぶりかもしれん…。
他の方の展示や解説も面白かったです。写真展は次回絶対応募する
(使命感)。幸福駅の霊夢写真とか絶対に良いと思うの。

 いい加減日も落ちて真っ暗ですが、ここで終わらないのが
帯広旅行。前回行けなかったばんえい競馬場にいざ出発。
 時間調べたら20時過ぎまでレースやってるとのことで、
とりあえずレースを観に競馬場到着。受付で入場券100円を
払い入場すると、とても年季の入った建物の様子に感動。背が高くて
無骨な感じの作りが北海道といった印象です。あと、個人的
超名作4コマ漫画「まじかるストロベリー」で主人公達が
北海道旅行で訪れた競馬場ってここだよね(多分)。
 
 馬券の買い方も分からないのでいると、初心者の人向けに
説明してくてるコーナーがあって、とりあえず言われるままに
買ってみたらすぐレース開始。グランド側に出ると、奥に馬が
走る直線コースと、これまたレトロなデザインの電飾や結果表示の
ボードがいい雰囲気。レースが開始すると、騎手をそりで
引きずった大きな馬達が一斉にスタート。決して速さは無いですが、
地面や坂道を踏みしめる荒々しさ、そして応援する観客達が馬と
一緒にコース脇を並走しながら声援をかける姿が印象的で、
町に愛されてるシンボルなんだなあと実感しました。




 ちなみに初馬券はまさかの的中でしたが、差額分の収支は
実際に+50円といったところ。せっかくなので場内の食堂で
名物というカレーラーメンを食べ、そのまま2レースぐら
観てから会場を後にしました。昼間とか相当人混みありそう。

 ようやくホテルに落ち着いて、明日に備えてさあ就寝と
思いきや、まだまだ足りない帯広夜。北の市場に行こうと
ホテルのレストランで軽く夕食取りながら向かいましたが
(これも美味かった)、あいにくの雨模様か北の市場は
全店満員状態。3連休もあるだろうけど、この夜の人出は
まちがいなく帯広特有と思った次第。

 仕方ないので3月にも伺ったアニソンBARドレミドロップ
に向かうことに。店員さんにも覚えてもらっててよかった(^^)





 久しぶりにテンション上がってたのか、カラオケも熱唱。
もうちょっと東方曲練習しよう。やっぱりというか、さすがに
疲れも出てきてたので、とりあえず1時間ぐらいでお店を後にし、
ホテルで温泉入って明日の準備。メイクと移動の導線考えながら、
ベットに入ったのは日付変わった24時過ぎでした…。

2日目(10月8日) 
 いよいよ十勝コスプレ解放区当日。いそいそと温泉入って
身体を温め、部屋の撤収準備とメイク準備をしてから朝食へ。
このあたりの流れと計画力をなんで仕事に活かせないんだろう
(答え:仕事だから)。

 宿泊したホテルはふく井ホテルさんでしたが、このホテルは
3月にも訪れていて、ご飯の美味しさに感動して以来、絶対に
来たいと思ってた場所でした。




 このボリュームで1080円だよ…。基本の食事セットに
加え、野菜やデザート等はバイキング。相変わらず美味い
ぜんざい等などでしっかり栄養つけて、コスイベに臨む。

 会場到着したの8時ちょっと過ぎ。駐車場が気になって
いましたが、この時点ではまだ数台といったところで、
近い方の駐車場も余裕ありました。
 あいにくの小雨模様だったので、とりあえずメイン会場の
永祥寺の様子をみることに。お寺の境内に仮設テントと
ステージが組まれ、まさかここでコスプレイベントが開かれる
とはお釈迦様でも思うまいといった印象。
 あと、いつも自分のサークルでプログレCD買ってくれる
七位さんにも会い、出張CD頒布もしました。事前に注文
聞いてからの受け渡しでしたが、こういうイベントのついでなら
出張販売もいいかもしれません。
 
 受付開始の9時近くになり、衣装を持って受付へ。パスカード
と一緒に記念新聞も貰いました。雨でしおれるか心配でしたが、
意外と大判で読みやすいし、バスの時刻表や各地点の解説も
乗ってるので便利でした。紙一枚のパンフとかぐしゃぐしゃに
なるし、これが十勝の底力というべきか。
 とりあえず、すぐ近くにある寺院の更衣室に向かう…。
男子更衣室は2階で、結構階段がしんどい印象。自分が荷物を
持ち過ぎなだけか。特徴的だったのは更衣室と化粧室(メイクルーム)が
別れてて、お寺の部屋を汚さないような配慮だったのかなと感心。
姿見やメイク用の鏡、メイク落としも完備されてて、レイヤー側には
ありがたい充実ぶりでした。別イベントではただのロッカー室
だったこととかあったしね…。




 さっそく1着目の八雲紫さんに着替え、とりあえず会場を
冷やかそうと思ったらまた雨足が強くなってる…。仕方ないので
屋根の下で待機しつつ、一番先の10時に開場するHQの
本殿に行ってみる。




 おそらく自分が一番乗りで入ったと思うのですが、とにかく
荘厳というか、間違いなく本物のお寺。これをバックに
撮影していいんだろうか…。逡巡しつつも一礼して撮影開始。
神社での撮影経験あるけど、お寺で撮影は始めてだよ。
望遠とか他のレンズも試しつつ、だんだん人も混んできたので
現場を後に。ちなみに、同じ場所でコスプレでかるた遊びをする
イベントもあったようです。
 外出たら若干雨落ち着いてたので、場内の露店も見物。
企業展示や、インデアンのインデアンカレー、十勝ポテットの
クレープ出張販売もありました。クレープはスパイダーマンが
焼いてて、普通に味も美味しすぎた。今年の雪ミクイメージ
パネルも特別展示されていました。

 HQに続き、個人的に一番気になってたニッタクスに移動してみる。
昨日行ったととろーど方面にある建物のようですが、イベント
まで全く名前聞いたことがなかった施設でした。
 HQからバス移動30分ぐらいでニッタクス到着。広い工場
のような施設に、趣のあるレンガ造りの建物や、現在も
可動している年季の入った工場施設、積まれた資機材や
廃墟のようなビルなど、切り出す角度によってどんな場所
にも見える風景。昔の仮面ライダーとか、特撮戦闘シーンで
出てきそうな場所です。紫様の怪しい混沌感とも合う感じ。
ちなみに、最初のバスで降りてきたのは自分の他に1名という
ちょっと寂しい感じ。現地ではスタッフさんが暖かく迎えて
くれました。あとからミクさんのコスしたレイヤーさんも来たり。
 草地が雨でぬかるんでるのが大変でしたが、現地にいた
カメラマンさんにも撮ってもらえて、非常に雰囲気のある
写真が残せてお気に入りです。




 あっという間に時間がすぎるコスイベということで、
今度は帯広駅まで移動し北の広場ステージへ。駅前近くに
あるスペースで、痛車や自衛隊車の展示、仮設ステージで
アニソン披露など様々な催しで賑わっていました。一般の人の
数ならHQより居たかも。
 2ブロック先にもう一つの会場があり、そちらは飲食がメイン。
屋根付きのステージを囲うように露店が並んでおり、どの
お店も美味しそうでした。イベントのために実施したという
牛の丸焼きも堪能。雨降りで客先屋根の下で食べてましたが、
小学生ぐらいの女の子から一緒に写真とってほしいと頼まれたり。
東方好きで、一番好きなのは幽々子様とのこと。次回は幽々様かなあ。
ただあの衣装、スーパー動きづらいし場所とるから大変なの…。
あと、今回イベントは東方コスを全然見かけませんでした。
霊夢さんが居たらしいけど、他の場所行ってたのかな。




 帯広駅からHQに戻り、最後の着替えと思ったらメイン会場で
コスプレランウェイがあるとのこと。雨も上がってきてたので、
せっかくだからと参加してみる。ランウェイ出るのは伝説の
ニコニコ超会議実写クッキー☆突発併せ以来だよ…。
次の出演者に変わる際、ハイタッチで交代するという文化が
あるのを初めて知りました。十勝新聞さんのサイトで写真とか
動画が見れるらしいので、自分もあとでチェックしたい。
参加賞にコーラ貰いました。あと、ここでも写真一緒に
とってほしいリクエストあって有り難い限り。紫様コスは
一番年季入ってるので、個人的にも思い入れがあります。

 ランウェイ参加して次の衣装の白神葉子さんにお着替え。
着替え時間10分はおそらく過去最短だよ…。なんとかギリギリ
市内周遊コースのバスに乗り込み、最後のロケ地へ。




 ここで自分がうっかりミスし、帯広畜産高校向かうつもりが
逆順のルート見てたため、到着してもトンボ返りで戻らないと
帰り時間に間に合わないことに気づく…。仕方がないので、
外観で面白そうなビート資料館で途中下車。

 会場着くと、広い駐車場と庭、洋風な建物が目に入ります。
庭には発電機のオブジェなんかもあったりしましたが、時間無いのと
また雨もぱらついてきたので、とりあえず建物内に避難。
職員さんが非常に親切にしてくれました。この日のために
入館無料とのことで、一般や海外のお客さんもいらっしゃってました。
邪魔にならないよう撮影し、あっという間の帰還バス時間。
名残惜しみつつ到着したバスに乗り込み、HQに戻りました。




 HQではゲストの黒崎美音さんのライブが演奏中。自分は
HOTD(学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド)で
記憶が止まってて最近の曲分からないのですが、非常に盛り上がってる
様子を耳で感じながら、とりあえず更衣室で着替え開始。
専用メイク室のおかげで大分はやく片付け・撤収できました。
雨風に悩まされながらのイベントでしたが、結果的には最高の
コスプレイベント参加を体験できました。スタッフの皆様
お疲れ様でした。

 正直、十勝はコスプレなくても見る場所いっぱいあるから
良くね?と思った二日間でしたが、コスプレで他の観光地も
回れればもっと愉しいのでは!?と新たな野望を抱かせるには
十分な立地でした。時間の都合で行けない場所ばかりだったので、
他の方の現地レポ等を参考にしながら次回に向けて
頑張りたいと思います。
 ちなみにビート資料館さん、夕方に行った時点で訪れた自分が
レイヤー5人目だったらしい…。みんな情報共有して、
もっとたくさん人来て欲しい。あと、次回こそインデアンカレー食べる。

 ちなみについでに、次回のコスイベは秋例大祭です。
今週末やん…。何一つ準備してませんが、とりあえず体調に
気をつけてがんばります。長文お付き合い頂きありがとうございました。
それでは。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
こんにちは。
イラスト
自己紹介

霜月便り(K1120、霜月廿日)

Author:霜月便り(K1120、霜月廿日)
K1120(代表):
絵描き志望。
プログレッシブロックを
糧になんとか生きてる
隠れオタク。
霜月廿日(副):
物書き志望。岩手在住。
多忙につき不在気味。
好きな作家は蕪木統文。

同人サークル「霜月便り」
プログレ布教サークル。
東方やMLP漫画や
同人音楽のプログレ
作品紹介、委託頒布。

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking